女性に嬉しい効果 | いざという時のためにも、低用量ピルを持っておこう!

女性に嬉しい効果

山積みの薬

低用量ピルは、避妊以外にも利用方法はあります。
そもそも低用量ピルというものは、女性ホルモンを形成するエストロゲンとプロゲステロンを主成分としているホルモン剤です。
低用量ピルを服用することで大量の女性ホルモンが分泌された、と脳が判断します。
すると、妊娠したと脳が勘違いし、卵胞の成長と排卵を抑制するための指示を送ります。
妊娠状態になると生理が来なくなる、というのは女性の皆さんはご存知だと思います。
低用量ピルを服用している間は、その状態が作り出されるのです。
そして一定期間低用量ピルを服用した後、休薬期間が訪れます。その時に生理が来るようにする、というのが低用量ピルの作用なのです。
つまり、低用量ピルには強制的に生理を起こさせる働きがあるのです。
この働きを利用することで、生理が不定期に訪れてしまう生理不順を改善することが出来ます。
また、生理予定日をずらすことも可能になります。
楽しみにしている旅行の日と、生理が重なってしまったらそれだけでテンションは下がってしまいませんか?
そんな時でも低用量ピルは活躍します。生理予定日に合わせて服用を開始することで、生理予定日を遅らせたり早めたりすることが出来るのです。
それだけでなく、生理痛を緩和する、今まで多かった経血量を減少させる、などの効果ももたらされます。
女性ホルモンの正常な分泌を助けてくれるので、生理に関する悩みは改善されるでしょう。
毎月やってくるものなので、生理に悩んでいる女性は低用量ピルの服用を始めてみましょう。